ここが楽園であるならば

予備校に通っていた6月ごろにたまたま聞いた歌が頭から離れず、気持ちよくなって線路を覗き込んでた。

 


もののけ姫

 

 

私の頭はすっかり弱ってしまったのでどこまでが現実だったかわからないが、いつのまにか景色の良い屋上にいるなんてことはあなたが思っているよりよくあることなのだ。

 

予備校に行かせてもらってるくせに甘えるなといった意見はもう本当にその通りなのだけど、壱、弐の、参で線路の上へ飛び込むのはちょっと見たくないので、ちょっとした気分転換の方法を提示したい。だだだだだだだだだ。 

 

 

1:  お散歩をしませんか

 

お散歩は本当におすすめです。いい効果がたくさんある。

 

まず単純に、体を動かすという行為が重要であります。座りっぱなしはまじで体に悪い。わたしは浪人中に三回ぎっくり腰になった。なに笑ってんねんおいまじで痛いんやで、えっ、笑ってないって?バンテリン送りつけるぞ、よく効くぞ、震えて眠れ。

 

 ふう。

 

勉強しているとどうしてもわからない問題が出てきてそのことで頭がいっぱいになり何も手につかなくなることがある。そういう時にちょっとお散歩すると、何か別のアプローチを思いついたりその問題を忘れられたりする。

 

わたしはお散歩で公園に行くことが多かった。公園には幸せそうな家族連れが楽しそうに遊んでいて、だんだん私から離れていく。何か危険を感じたのでしょうか、私は深く傷つきました。うそです。こっちもあったかい気持ちになれます。いますぐ勉強やめて結婚したくなります。愛で地球を救いたいとか言い出して一週間ぐらいネタにされます。気を付けてね。

 

2:  暗すぎる歌を聴こう

 

浪人中は本当に精神が不安定になる。そこで好きな歌を聴いて気分転換しようと考える人は多いと思う。しかし、気分を上げるために曲を聴くことには危険が伴う。

 

地盤が緩んでいる土地に無理やり高い建物を建てるのは危険極まりない。浪人生は音を立てて崩れるのが特技であるが、そういう建造物はお隣の大国に任せておこう。

 

それなら地中深くにシェルターを作ってしまえばいい。重心低すぎて揺らぎようがない。しかも真っ暗でじめじめしているから浪人生にぴったりだ。

 

暗すぎる歌を聴けば、「いやおれそこまでおちこんでないわ」と思えることもある。だいぶ気が楽になる。きのこ帝国とかおすすめです。大好きです。

 

 


きのこ帝国 - 明日にはすべてが終わるとして

 

 

 

 

ほかにもいろいろ気分転換の手段はあるが、今回はこの辺にしておこう。腰が痛くてもう限界です。バンテリン返してください。

 

 

では。  

 

 

 

かまいたち